スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殺した奴をまた殺す」既刊目録(5)

  • 2016/10/20(木) 22:54:21

前回から、かなり間が開いてしまいましたが(笑)、「殺した奴をまた殺す」会誌目録。今回は第26号から30号までと、付録の2冊。これで既刊分は終了です。

《第26号》「必殺仕事人V」特集号

殺殺26号



《第27号》「暗闇仕留人」特集号

殺殺27号



《第28号》
「必殺仕事人 激突!」特集号


殺殺28号


※ この号の特集は都合が合わず、不参加。


《第29号》
「必殺必中仕事屋稼業」特集号


殺殺29号



《第30号》「必殺仕事人IV」特集号

殺殺30号



新刊・復刊準備&内容見本号

殺殺準備号


※ 《第31号》「必殺仕事人・初期話数」特集号発行を控えて、2009年の冬コミと2011年の夏コミで、音羽屋のブースに来られた方のみに配布された冊誌で、一般には出回っていません。




スポンサーサイト

「金田一耕助自由研究」第2号、通販開始

  • 2014/10/08(水) 20:38:17

 今夏のコミケで発売された、横溝正史&金田一耕助ファンによる研究同人誌-神保町横溝倶楽部「金田一耕助自由研究」第2号の通販が、主宰者の木魚庵さんのサイトー「金田一耕助博物館」で通販が行われています。

「金田一耕助博物館」http://www.yokomizo.to/dojin/index.html

自由研究2号


 私も「金田一耕助のロケ地めぐり・京都編」で参加していますので、尚、過去に刊行された創刊準備号・創刊号の通販も同時に行われていますので、興味を持たれた方は、ぜひどうぞ~~!

「金田一耕助自由研究」創刊号、刊行

  • 2014/01/16(木) 21:15:58

去年暮の冬コミで刊行された神保町横溝倶楽部の同人誌「金田一耕助自由研究」創刊号が、発行人の木魚庵さんから送られてきました。私も「本陣殺人事件・考」で、原作と映画(&脚本も)・毎日放送版「横溝正史シリーズ」の比較研究で寄稿しました。

また通販が開始されましたら、詳細をここに掲載する予定です。


「金田一耕助自由研究」創刊号

冬コミで「金田一耕助自由研究」創刊号、発行!

  • 2013/12/26(木) 00:28:55

今年の冬コミで、私も参加している《神保町横溝倶楽部》の同人誌-「金田一耕助自由研究」創刊号(特別価格¥800円)と、先日放映されたドラマ「金田一耕助VS明智小五郎」の感想文集が発行されます。日時は、12月29日(日)。ブースは「東4ヤー13a」。バックナンバーの《創刊準備号》も再発売の予定ですが、残念ながら、こちらには私は参加しておらず(笑)、私の書いたパロディー創作「仮想空間の名探偵」の載っている「大森割烹旅館 松月離れ」は絶版のようですので、またHPの方で公開する予定です。

尚、こちらは、おさむし@吉備町産さんが製作した、同誌の「昭和レトロ風案内チラシ」です!(本当に素晴らしい!!)これを見られて、雰囲気と内容に興味を持たれましたら、コミックマ-ケットへのご来場と同人誌のご購入の程、宜しくお願いいたします。


創刊号チラシ

同人誌「金田一耕助自由研究」創刊準備号、発売中

  • 2013/11/21(木) 23:55:21

金田一耕助自由研究


 神保町横溝倶楽部の金田一ファンの有志が集まって作ったミステリー研究同人誌「金田一耕助自由研究」の創刊準備号が、責任編集者ー木魚庵さんのサイト「金田一耕助博物館」で通信販売されています(詳細は、↓…のページへどうぞ)。

http://www.yokomizo.to/dojin/

 私が寄稿した創作アンソロジー本は完売で、こちらの研究本には寄稿しておらず、申し訳ないんですが(笑)、冬コミで発売予定の「金田一耕助自由研究」《創刊号》には、「本陣殺人事件」の原作・中尾彬の映画版(&脚本)・古谷一行の横溝正史シリーズ版を比較した研究文で参加していますので、冬コミ開催の折には、皆様宜しくご来場&ご購入の程、宜しくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。